Music & bar OUTPUT Vol.22 出演者紹介

2019年11月10日(日)

Hojoiwa

NumbとNNFAのユニット。

ユーロラック(モジュラーシンセ)等のハードウェアを巧みに操り、意識と感覚の相互作用で生まれる音世界をアウトプットする。50Hz以下の低音を駆使した妖幻でストレンジなサウンドは、オーディエンスを異空間に誘う。

今冬にはHojoiwaでのEPのリリースを予定している。
https://www.facebook.com/hojoiwa/

 

 

 

 

suimin

1992年池袋生まれ。高校時代からクラブカルチャーにのめり込み2010年より活動を開始。
クンビア、アフロミュージックやダブステップを愛し、それらを中心にあらゆる音楽を自身のセンスを頼りに繋ぎ合わせている。
DJ Unit ”Good Prophets''のメンバーでもありMars89と共に南蛮渡来を主催している。

 

 

 

 

TEN

90年代初めより京都・大阪でDJを始める。すぐにテクノをはじめとしたダンスミュージックに傾倒、クラブスタッフを経て95年頃からレコードショップのバイヤーになり大阪・東京渋谷で勤務、リリースを満遍なくチェックし顧客のスタイルに合わせてレコードを提案していくスタイルが好評を得当時のエレクトロニッククラブミュージックシーンの下支えの一部として仕事に情熱を傾ける。2001年より渋谷Wombでの石野卓球のレギュラーパーティーSTERNEに参加し以後10年間レジデントを務める。現在は自分本来の比較的地味な選曲に落ち着き、テクノやハウスを軸にしたセットとそれ以外の全ジャンルをミックスしたセットの二つを軸にマイペースに様々な現場で活動。

 

Music & bar OUTPUT