無料ブログ作成サービス JUGEM
虎や Vol.20 出演者紹介
0
    11/12 Sun. 【Jazz】
    熊倉未佐子(Cl・Vo)、浅利史花(G) Duo
     
     熊倉未佐子(クラリネット&ソプラノサックス&ボーカル) 1990年(平成2年)生まれ。ジャズを子守唄に、6歳でピアノ、9歳でクラリネットに出会う。2013年、洗足学園音楽大学ジャズコース卒業。学部では谷口英治、中村誠一、川嶋哲郎に師事。
     手嶌葵のアルバム「Ren'dez-vous」収録楽曲 いつもはじめて -Every Time is the First Time! (JVCケンウッド・ビクターエンターテイメントInvitationレーベルより発売)に参加。
     第35回浅草ジャズコンテストに自身のカルテットで出場し、バンド部門銀賞、ベストプレイヤーに贈られるソリスト賞をダブル受賞。
     2016年4月サントリーホール(大ホール)にて行われた北村英治米寿記念コンサートで、憧れの北村英治と念願の共演を果たし、益々活動の場を広げている。
       
     浅利 史花(ギター) 1993年生まれ。福島県出身。 幼少期よりクラシックピアノを学ぶが、中学生の頃に兄弟の影響でロックギターに興味を持つ。高校生になったらバンドを組もうと意気込んでいたものの、進学した高校に軽音部が無かったため、ギターが弾けるジャズ研究部に"仕方無く"入部。しかし、見よう見まねでセッションを重ねるうちに、ジャズの魅力に惹かれ始める。そのうちに福島市内にあるライブハウス『MINGUS』に通い始めジャズを本格的に聞くようになり、グラントグリーンやケニーバレル等に大きな影響を受ける。
     2012年、大学進学に伴い上京。岡安芳明氏、潮先郁男氏に師事。ジャズギターの王道を行くスインギーなスタイルで、モダンジャズを中心に様々なジャズミュージシャンと都内のライブハウスで活動中。

     

     

    虎さん

    | はしごライブ | はしごライブVol.20 | - | - |